勝手に映画の日。

ヘモグロビン型肉団子を作ってみた。
ヘモグロビン型肉団子を作ってみた。

台風は珍しいコースをとって
今夜は実家のあたりが心配です。
なんとか寝坊せず
お弁当の悪夢にもうなされずすみました。

今朝、Dを駅まで送る時
ラジオで「民間のマーケティング会社調べ」
として、働く女性の58%が
一か月に一回は「自分へのごほうび」
として 日帰り温泉やスイーツ、ごちそう
なんかを取り入れている、とのお話し聞いて
管理人、自分、毎日です、と思ってしまいました。
好きな紅茶に気に入った洗顔石鹸
お酒も飲むし・・と
考えてみれば
好きなもの集めて
毎日過ごさせてもらっているんよね。
大人は最高。

よっしゃ間に合った。
よっしゃ間に合った。

や、で、てわけではないですが
珍しく近くの映画館で
「見たい」と思える作品が公開になり
せっかくの在宅日、ん~もったいないかな、
どうしよう、と思ったけど
えいやっ行っちまえ!決めた!と
朝一番の回を予約しました。
大急ぎで片付けして洗濯物干して
チケット発券も間に合いました。

見てよかったです。
2009年にNYで実際に合った
ハドソン川への飛行機不時着事件
異国に住む私たちの記憶にも残るものでしたが
そのドラマの立役者となった機長さんが
実はその後に直面したもうひとつの危機に
焦点をあてたストーリー。

86歳!?惚れてしまいます
86歳!?惚れてしまいます

シュミレーションや情報拡散が容易となった
現代ならではの危機。
真の人間としての危機というものは
あらゆる形で突きつけられるものだし
そういった瞬間に 
人の芯の部分の強さ、優しさがわかるもの。
折り重ねてきた経験や人生の時間は
実はそういう瞬間のためにある。
そんな風に
幾つもの作品を作って来られた長老の監督に
語りかけられているようでした。
それから、
関わっている人すべてのプロフェッショナルな動きが
前代未聞の大事故ながら
乗客全員が生還できたという結果につながったことも
仕事や社会に関わっていくうえで
背中を押される思いでした。
やっぱり、何でも
せめて自分にできること、
しっかりやろう。
そんな風に思います。

エンドロールに流れる曲がまた秀逸で
誰がうたってるの?と
クレジット必死で見たけどわからなくて
後でパンフレットやネットから情報集めました。
どこかで見つけて
歌詞を読みたいなと思います。

余談ですが
空になったコーヒーの紙コップを出口で預け出ると
トイレに走りこみ
ずいぶん体が冷えていることに気づかされました。
真冬のハドソン川に投げ出された乗客の冷えが伝わったのか
それとも主人公の心臓を硬縮させそうな緊迫感のせいかしら。
ご覧になられる方は
ブランケットお持ちになってください。

ポストカードとフライヤー、お分けします~
ポストカードとフライヤー、お分けします~

ショッピングモールに足を踏み入れて
日常生活にほっとして
買い物済ませて家に戻ると
宅急便が届きました。
これまた見たい映画のポストカード
飲食関係者への無料配布を応募してたんでした。
10月15日から
関西はとりあえず京都と大阪2か所のみのようです。
もう一つのプロフェッショナル集団の映画。
楽しみに公開を待ちたいと思います。

ポストカード、ご希望の方
ご連絡くださいね。
ぜひシェアしてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中