乳たんぱくとカルシウム源のいい関係。

目玉焼きなんぞ入れてみる。
目玉焼きなんぞ入れてみる。

今週もお疲れ様でした。
弁当箱は埋まるけど
なんかパンチがないな、と
朝ごはんの目玉焼き乗っけてしまい
管理人だけ卵かけごはんの今朝。
あ、プチトマト、目玉焼きの横で
焼きトマトしてみてくださいな。
甘いこと甘いこと。
熊本の震災からもうじき一年、
今年もあいさの時期は
くまモンのトマトにおせわになりそうだす。

じゃがいも、ちりめんじゃこ、ほうれん草、ねぎと、牛乳で骨にくっつけカルシウム!
じゃがいも、ちりめんじゃこ、ほうれん草、ねぎと、牛乳で骨にくっつけカルシウム!

そうそう、これも今日の一品。
管理人、弁当を作り出す際に
洗顔を先にして、
コンタクトレンズを入れてから取り組むのは
大抵作るものが決まっているとき。
そうでないときは気が気じゃなくて
作りながら考える非効率人間。
7割こっちかなあ

今朝もその一例で
ふかしておいたじゃがいも、
ゆがいておいたほうれん草、
あ、雑魚であえようか、と
加熱を始めたはいいものの
焦げ付かないようにしながら
冷えてる野菜をほんわかと温めるには・・・と
一休さんばりにぽくぽくと考えて
あ、そうだ。牛乳で煮よう。

皆様ご存知でしょうか。
骨は毎日破壊されつつ作り直されています。
作り直す素材にカルシウムが不可欠なんですが
これがまたかなり難しいミネラルで。
カルシウムを多く含む小魚などの食品は
それだけでは吸収されにくいんです。
たっぷりそれだけ食べてもダメ、なわけで。
吸収率を高めてくれるのは
乳たんぱく質に含まれる成分。
それだけのサプリメントなんかも昔流行ったのですが
あまり言われなくなりましたね。
食品で自然に組み合わせて摂るので十分かと思います。
というわけで牛乳。
ジャガイモ300g、ほうれん草200g、
じゃこ30g、油大さじ2/3で炒めかけたところに
ねぎのきざんだのと牛乳70mlを加えると
コクとうまみに加え
カルシウム吸収率アップをもたらしてくれるかも。
味付けは仕上げにこしょうがりがりとふり、
しょうゆ大さじ1加えざっと混ぜたら
すぐ火を止めました。
ほうれん草も脂溶性ビタミン補給に
いい仕事してくれますし
ネギは香味を加えてくれて
ジャガイモは加熱してもビタミンCが減らないので
これまた寒い季節にいい役者。

うろうろと思いつきで作りましたが
まずまずの出来です。
雑魚と、牛乳。
ぜひ結婚させてあげましょね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中