辺境から戻れた一日。

娘っ子のオーダーはプリンチョコパフェ。わけてもらう幸せ。

水曜の在宅日
上の娘っ子はお友だちと計画し
遠出を挙行し出かけて行った朝。
下の娘っ子と新学期の買い物にと
自転車を駆って駅前ショッピングモールへ。
約束している映画の前売りをゲットしたり
上履きや靴下を買い込んだりしたあと
take awayでと注文したランチを公園で食べて
寄り道しながら家まで帰りました。
時間にしてわずか5時間ほどのtrip。

桜、モクレン、山つつじ。枯葉カサカサ春を満喫。

実はでもこの5時間が
昨日管理人を辺境から戻してくれる
貴重な時間となりました。

皆さんは、自分が心を砕いて砕いて、
一生懸命にやっていることが
実は無駄であるとか
実は全く意味をなしていないとかに気づいたとき
どんなふうに思われますか?

管理人は前日に、
ふと思いついて
母にある質問群を投げかけた結果から、
そのような思いにとらわれてしまっていました。
足元がくずれかけた自分を立て直そうと
「これは今に始まったことではない」
「むしろ今はましになっているはず」
と心に言い聞かせても
涙があふれてくるような状態。
おかしいですよね。
母が体調崩し
命が脅かされているときはそのときで苦しいけど
よくなってくると別の様子に悩んでしまう。
人間ってわすれっぽくって欲どおしい。

本領発揮のS.

そんな管理人は
娘っ子と美しい春の光景をみても
美味しいものを目の前にしても
すぐに気が沈みがちでした。
親として恥ずかしいことかもしれませんが
元気いっぱいの娘っ子に、
自分がゆっくり、
でも確実に受けた衝撃について
話したところ
「ママも誰かにお話し聞いてもらったらいいよ、
学校でもスクールカウンセラーの先生が来てくれるよ
パパにも話をきいてもらわないとね」
と答えてくれた娘っ子。
そうやねん、自分でも心療内科に行かなきゃかなと
思ってるくらいで・・・
と思った瞬間
はっとしました。

午後はバスケットゴール自作したS

あかん。
私、母と同じことになりかけている。
自分の今置かれていることの幸せが
悩みや辛さで見えなくなってやしないか?
こんないい子を二人も授かって
夫にも恵まれて 
ついでに犬までそばに来てくれたのに。
自分の幸せに気付くこと。
親である自分自身ができないと
娘っ子たちが本当に辛いはずだ。
今、自分がそうであるように。

そんな風に思い直して
サイクリングから戻ると
ポストに、甥っ子からの手紙。
宛名に家族5人と、
犬の名前まで書き添えてくれている封書を見て
涙が出そうになりました。
本当に、神様は、
その時に、その人に
必要なものをくれるんだなあ。

Sくんからの手紙。イラスト入りで中身がまたいいんです。

と、いうわけで
ちょっと管理人
心が辺境に行ってましたが
戻ってきました。
夕方には、思い切り冒険を楽しんで
上の娘っ子が頬を上気させながら帰ってきました。

夕飯で
いわしの梅しそ巻き揚げを作り
大根と分葱たっぷりのお味噌汁をいただき
ミネラルやビタミンを充てんしました。
余談ですが
野菜や魚、海藻など
私たちが昔から食べてきたものには
心の調節機構にも必要不可欠な栄養素が
多く含まれています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中