出会って七回目の春をみんなで。

5時から起きて、ようやく6時半に出発~

木曜の更新遅くなりました。
5時から起きて荷物を積んで、
母の支度をして
みんな乗り込んで、
さあ東へ向かって出発です。
彼女も一緒なのだ。

今日は午後から豊橋にて
姉の七回忌法要が行われます。
その後のこともあるので
イルクも載せて
初めての高速走行。
彼女がお出かけ好きでよかったです。
途中ドッグランなんかも利用して
豊橋の緑地公園で息抜きさせたりして
姉の嫁ぎ先の庭で
法事の間
待たせてもらいました。

初めてのみんなでお泊り。

お坊さんはお経を読まれる時
どうやって息継ぎするんだろう
なんてこと思いながら
一生懸命長息で唱和して
いつも風が強くて
御線香に火をつけるのに
義兄が苦労するけど
生前姉ととても気があったお義父様が
本当にきれいに守ってくださっているお墓に
みんなでお参りしたあとは
浜名湖畔に向かいました。
義兄やお義姉さんたちが手配してくださったお宿に
きょうだい家族みんなで
お泊りさせていただくことになっていたんです。
イルクは、このリゾート地にある
とても感じのよいペットホテルにて
初めてあずかっていただくよう予約していました。
箸袋にこんな素敵な工夫が。

姉のきょうだいである兄家族、管理人家族と母、
義兄のお二人のお姉さまご家族と、お義母さんとお義父さん
それから嫁いだ姉の姪ごさんのおひとりは
もうご結婚されて赤ちゃんもおられます。
今日は初めてその赤ちゃんも抱っこさせてもらって
ほんとうに姉を通じてのご縁の方たちと
6年前の葬儀、四十九日の法要、
三回忌と4年の月日を経て
再びお会いすることができました。
あの頃小学校低学年だった甥っ子や娘っ子たちが
もう中学生と小学校最上級生になり
高校生だったお子たちが
立派に社会人になっていたりして
ときの流れを感慨を持って実感しました。
それよりなにより
姉が他界しなければ
おそらくこんなに
いろんな形でご縁を結ぶことがなかったであろう
良心に満ちた方たちとの出会いに
お経を読みながら
何度も涙があふれました。
実際姉の生前は
ご両親と同居している姉のお宅に
一度もうかがうことはなかったし
ましてやそのご家族とこんなに親しくなれたのは
ひとえに姉が遺していった甥っ子を
みんなで守り育てる気持ちを共有できたから。
ご両親や義兄がそのような環境を
大切にしてくれていたおかげでもありますし
生前の姉と
遺された甥っ子とのふれあいを喜んで約束してくれた
Dのおかげでもあります。
姉はまさに空(くう)をもって
新しい出会いをプロデュースしてくれたんだな。
神様の視点になってくれた姉と
甥っ子と義兄、そのご家族のおかげで
管理人ファミリーが生かされているな
と思うんです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中