発言の重さ計量法。

しいたけ乗っけすぎて叱られた。

今朝もノープランで臨んだ弁当作り
おかげで時間かかってしまい
なかなか朝活できずにいます。
母の起床介助にかかる時間も伸びていて
時間がかかる原因を考えるにつけ
覚醒する/体を起こす/離床する/移動する
というそれぞれの段階で待つ必要があるようでした。
食べる順が大事なように
朝のマルチタスクと待つ時間、支える時間を組み合わせて、と
やってみてはいるのですが
何せ生身の人間、
日々違うわけで難しいです。
弁当もしいたけのうまみぎゅぎゅっとごはんに乗っけて、と
どや顔で持たせたのですが
帰宅した娘っ子に苦手なんだから載せすぎるな
と叱られてしまいました。
えっまだ苦手やったん?
管理人もめっちゃ嫌いやったけど
中学生のころに食べて今まで嫌っていた人生を後悔したんやけど。
なんせ生身の人間ですから
なかなか同じようにはいかんわけです。
今回はドレッシング別添えにしてもらった。

職場に業者のお客さん来られる予定だったので
仕事のあと待ち時間にランチに。
久しぶりに最寄ファミレスに行って
前回学習した管理人
サラダのドレッシング、別添えを頼んだところ
快く受けてくださり
たっぷり持ってきてくださいましたが
管理人には
ティスプーンに2杯ほどで十分な事が判明。
味がついてるとことついてないとこ
どっちも楽しみたいから、
サラダのドレッシングはてん、てん、と
もしくはすっすっとつけましょね。

後でお迎えしたお客さんと
色々しゃべる中で
医療従事者の発言は重い、
ということが話題になりました。
個人的な話題にそれた際に話してくださったのですが、
お子さんの健診で言われたことがショックで
ドキドキした、とのこと。
お医者さんが絶対的ではあるけれど
一緒に関わるコメディカルも
患者さんはじめ、受け止める側からすると
同じように強いものとなるんだと改めて感じます。
管理人もその方のお子さんのことで
助け船を出したつもりだったんですが
伝えたい思いが強すぎて
話し方が強かったせいか
同じくドキドキされたとのこと(+o+)
しまった。難しいですね。
発言の重さを測る機械
あったら各国首脳に売れるかなあ。
というのは冗談ですが、
相手の方の様子の観察が
唯一の計量方法でしょうか。
生身の人間相手にする
生身の人間の所業
だから刻々と変わる 
難しいけど 
とても興味深いバロメータ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中