在宅記念日。

今日は時間がなくて手抜きなのだ。すまない。

動くと貧血が心配だよとあなたが言ったから
6月6日は在宅記念日。

今朝、弁当を作る前に
母をなんとかトイレにいざないました。
でも、とてもしんどそう。
もう、無理かな、と思いつつ
仕事に出ました。

でも勤務前に確認したスマッホには
デイサービスから連絡はなく
なんとか行ってくれた、と
安堵していたのです。

お昼すぎ、ひとしきり仕事を終えて
携帯しているスマッホをチェックしたら
あまたの着信とショートメッセージ。
ケアマネさん、
主治医の先生、
デイサービスからの三つ巴。
これは何かあった、と
順に連絡をしつつ
急ぎ職場を飛び出しました。

母、もうデイサービスに行ける状況ではないとの判断で
今日を限りに在宅で訪問サービスを受けつつ
過ごしてもらうことになりました。
主な理由は今朝の送迎時より
今までにない動きにくさで、
我が家の家の前に立ちはだかる階段を
這う這うの体で移動せざるを得なかったこと
主治医への確認により
いつ何が起こってもおかしくないという状況
食事をほとんど自力で食べられない状況
総合的な判断だと理解しています。
3月に脳梗塞を起こした際も
介護者である管理人の思いを汲んでくださり
できるだけみますよ、と言ってくださったこと
本当に感謝しています。
おかげで母は、この数年間で
過去何十年にわたり得ることができなかった
社会的関わりをもたせていただき
いろんな方のおかげ様、を
体感して過ごすことができました。
むすめ一人では絶対なしえなかった
母にとって必要な事項を
おかげさまで満たすことができました。
お礼を申し上げて
デイサービス施設をあとにしました。
最後まで、屈強な男性職員さんが二人がかりで
母を車いすに載せて抱え上げてくださったこと
「本当は個人的にはもう少し見てあげたかった」
と言ってくださった職員さんがいてくださったこと
「お母さん必ずよくなりますから」
とあかるくおくりだしてくださる方がおられたこと
ほんま感謝に堪えません。

母、通所介護サービス卒業です。
今日から、在宅にて訪問介護や看護サービスを受ける
在宅サービスに主軸を置いていただくことになりました。
ポータブルトイレもさっそく持ち込んでいただき
室内移動は先日購入した車いすです。
ポイントは、主たる介護者である管理人が
明日、明後日絶対に人に代わってもらえない
講師の仕事が入っていること。
ドタキャン?しません。
在宅サービスつないでいただき
介護者も、被介護者も無理ない生活を送れるよう
ケアマネさんはじめ、
たくさんの方に頭を下げてお願いします。

点滴を夕方受けて、
母、少し表情柔らかくなりました。
人に一杯お世話になること
在宅での看取りを実現できるよう
いとわないようにします。
母の部屋模様替え、
さっそくのいくつものセッション
もう父の時から幾度目かの
事業者さんとの契約書類記入
夕飯を娘っ子たちや
車いすで移動した母と
一緒にいただいたのは
21時前。
長い、長い、卒業&入学式の日です。
今日は母の、ほんまの在宅記念日。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中