夏至ニモ負ケズ。

初めて仕込んだ「干し梅」長距離ドライバーの味方(^○^)

はいっ
今日は管理人、昨夜借金して就寝したので
今朝は夜明け前から起きていました。
昨日までの片付け
今朝のごはん仕込み
お弁当仕込み
洗ったまま放置され一昼夜すぎた梅たち
今日の仕事のツール作り

こういったことをすべて棚上げして
午後10時頃に布団に行くって
自分でも心臓に毛が生えてるタイプやと思ってます。

今日はごはん炊いて残りものアレンジで勘弁してな

今日は月に一度の
小児科の先生の指示による
アレルギー支援。
先月初めてで予約一杯で
まずはお待たせしたことを契機に
自分の知識不足に撃沈した仕事。
今回はそういうわけにはいきません。
不安や疑問があるままって
何より患者さんにとってよくないですよね。
今月は、食事関係で不明な点は
必ず調べて確認、
療養生活全般については
先生にこちらから連絡しつつ
ご本人には先生に確認されるよう進言しました。
私自身の満足ではなく
患者さんとご家族を満たす
そう考えたら、ちょっと気が楽になりました。

鴨のご夫妻が水田を遊泳していて感激。合鴨農法だよね

大雨の影響で
早めに帰着しての午後
ご近所の勤務先から依頼が届いていたので
もうなるだけ早めに、というつもりで終わらせて
近いんだしとイルクを連れて持参することに。
いつものブラッシングゾーンからは
雨上がりの美しい水田と
そこに仲睦まじく泳ぐつがいの鴨。
この世の倫理を
具現化したようなシーンでした。

肌濡らし生気宿りぬけやきみち

でも本当は気になっているんです。
昨夕水遊び姿を見かけたあの子たち。
その後の雨と
急な増水に
いかに耐えられたのか
はたまた流されておぼれてしまったのか
水田に残るつがいがあの子たちの保護者なの?
さすればあの10羽ほどのかわいい子たちは・・・
美しき田の光景は
幾多ものリスクをバックに映えているんだと
そんなこと考えた夕べです。

いつも帰り道に使いがちなけやき並木を逆行すると
むせ返るような緑が放つ大気。
思わず、いろんな思いを抱えて過ごした
徳島でのふた夏を思い出しました。
あの、もう少ししたら海が見えるけど
しばらくは山側を通る国道。
おそらく昨夜からのあふれんばかりの雨が置いて行った湿気が
台風が来るときわめて太平洋に近い状態で上陸し
梅雨の雨の量もいつもこんなくらいだったあの頃を
思い出させてくれたんだろうなと思います。
あのむせ返る大気こそが
管理人の今過ごす糧になっています。

夜7時半近くまで出ていたのに
薄明るい状態までですんだのは
そろそろ夏至だからな、と思いかけて
帰宅して慌てて調べたら
夜明け前から起きた
今日がまさに夏至だったとのこと。
一日を一番堪能できる頃。
体と心をできるだけ使う夏にしよう。
そんな風に、思いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中