あの頃と似ている。

娘っ子のお昼、やっつけ仕事ですまん(+o+)

母の横で過ごした夜が明け
とりあえず娘っ子の弁当だけは作らないとと
もそもそと起きだした朝。
雨がそぼ降るなか
Dが車で出かけて行ったので
どうしたのかと思っていたら
雨で散歩に行けないぶん
畑に野菜の収穫にいってくれたようです。
母の朝食。りんご・甘夏・ヨーグルトとはちみつの裏ごしジュースととれたてトマトのジュレの部分。

母に何を食べてもらおうか
みんなが食事を摂る頃に
ベッドサイドで始めた朝食
味噌汁の上澄みを少し飲ませてから
リンゴと甘夏、ヨーグルトをミキサーにかけて作った
さっぱりスムージーを裏ごしして飲ませると
しっかり飲んでくれます。
隣の部屋から家族が
「ママ、このスムージーおいしいよ(^○^)(^○^)(^○^)」
と言ってくれるので
「うん、おばあちゃんも今飲んでるよ(^○^)」
と返したりして。
車いすに座れたら
また一緒に食べられるねえ、なんて思いますが
こんな食事も家だからできること。
管理人が食事を用意する間
上の娘っ子には、
呼吸のマッサージをしてもらいましたし
父の時より子たちが成長しているおかげで
大きな力になってくれています。

えっイルク・・・平日の昼間こんなんかい(^○^)

朝の連絡をしたあと
少しだけ休憩をしていたら
介護福祉用具の業者さんが
先日せっかく取り付けてくださった
ベッドのサイドバーを引き上げと
書類手続きに寄ってくださいました。
サイドバーは 母が立ち上がりの支えになるよう
補強したものだったのですが
あっという間に不要になってしまったことを話すと
そうなると介護に邪魔でしょう、とのご配慮。
母を見舞ってくださり、
褥瘡防止にはエアマットやベッドも多機能化したものに
変更したほうがいいかも、とアドバイスをくださいます。
この3年間ずっとお世話になっていますが
商品や介護の知識もしっかり持っておられて
いつも頼りになる方です。
福祉用具の進化もすごいなあと
お借りしているひとつひとつの機能にも感心しています。
仲間のママが焼いてきてくれた。

そうこうするうち訪問看護師さんが来てくださり
午後には先生の往診も。
仲間のママもパンを届けてくれて
一緒にお昼もできました。
人の出入りで慌ただしかったけど
イルクが晴れてきたから甲羅干しでもしたいのか
あられもない姿でいるのを目撃したりして
なんだかほっとする時間でした。ありがとね。
午後から晴れた梅雨の山田川

お医者さんに記録しているノートも見ていただき
体位変換を教えていただいたりして往診を終えると
もう娘っ子たちが帰って来ます。
あら、もうこんな時間?となった管理人。
なんか、あの頃と似ているなあ。
そう、赤ちゃんがいた頃と。
何をするわけでもないのに
あれこれしていると
一日があっという間な感覚。
娘っ子がどうしても必要な買い物に
ダッシュで行ったり
息抜きでイルクの散歩にでかけたりして
夕方も慌ただしく過ごしましたが
ともあれ、一日、無事でありました。ほっ。

ああ、この感覚。
やっぱり、あの頃に似ている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中