直営店の魅力。

川べりに見つけたかわいいお花。

残暑お見舞い申し上げます、
6時台に散歩に出ておいてよかった。
朝から気温うなぎのぼりですね。
合唱の練習に向かう娘っ子たちに
昼食を食べさせなくてはいけないので
昼前に慌ててエアコン入れました。
炊きたてごはんもいったんおひつに移したり
味噌汁もお椀に早めによそったりして
アッついあっつい言うのを少しでも避けようと四苦八苦。
でもね、味噌汁にはしょうがやら
固めの夏大根をおろしたんやらと
なすも薄切り入れて、温冷どっちも体に入れると
けっこうモリモリ子たちも食べてくれました。
わ~いやっと寄れた♪

嬉しい情報と写真をお知らせしたくて
今日は早めに更新しています。
この春にオープンされているのを横目に通り過ぎながら
なかなか寄れなかった工場直営店
子たちをかしのき苑まで送った帰りに
初めて寄れました。
撮影と掲載許可もいただいたので
早速ご案内差し上げます。
写真右下の角食3斤棒は紅茶屋勤め時代の懐かしいかおり。

業務用ベーカリーの雄であられるこの業者さん
管理人も大阪市内の紅茶屋に勤めてた時代
大変親しませていただきました。
この業者さんのパンに
神戸の有名なグロッサリーのチーズやハムを挟んだサンドイッチや
厚切りにして作るチーズトースト
ツナやトマトをたっぷりはさむ
クロワッサンサンドなど
大阪・神戸の美味エッセンスを
ギュッととじ込めるに十分な
包容力あるパンでした。
こんな思い出があるもので
精華町に工場ができると聞いて
ワクワク楽しみにしていたんです。
スイーツ系から食事系まだ幅広く品ぞろえ。

そういえばこのブログでも以前
大阪市内の直営店さんに寄らせてもらって
記事を書いていたこと思い出します。
店内は所狭しといろんなパンが並んでますし
「アスリート応援」カテゴリーパンなども提案されてます。
ロールケーキのようなスイーツ系から
角食、調理パン、生地にこだわった
フランスパン野などリュスティックなど
こりゃ目移りしますなあ。
御値ごろ価格に、お茶サービス、
試食や500円以上にはおみやげまで。
ついついまとめ買いしてしまいそう。
精華町産の丸ロール。

いろんな種類を求めることができますが
お店の方にうかがったところによると
町の工場での生産はまだ
一種類のみなんだそうです。
徐々に種類を増やしていかれるそうですが。
これらの多くの品ぞろえは
泉佐野にある工場との
連携によられるもの、とのこと。
大きな工場であっても
扱うものは酵母を操って作られる、
パンという生きものだし
品質を安定させていくには
時間をかけていかなければならないんだろうなあ
なんて想像しています。

精華町産丸ロールの日替わり簡単サンドとカップオブティ。
朝ごはん屋さんやるならこんなメニューにしよう。
またまた妄想が働く管理人なのであります。
*****
オリエンタルベーカリー けいはんな売店さん;
定休日;毎月1日(1日が日曜の場合は翌日)
11時~16時頃(売れ行きによっては早めに閉まることがあるそうです)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中