秋雨ふたたび/情報の双方向を考える。

ごはん、加熱時間長すぎてもっちもち&焦げつき。

先日の台風が
すっかり秋を深めてくれた
と思ってたら
夕刻にかけて
曇天が戻ってきて
いつもより一時間早く
散歩にでかけたのですが
空のせいかほんま
あっという間に薄暗くなっていきましたね。
墨染めの秋にむらさき花のいろ。

雨降り出す前に
散歩できてよかった。
買い物にも行かなけりゃ、と
思ってたら
ぽつぽつ降り出したので
どうせまた学校のそばで油売ってる娘っ子や
駅伝練習の後習い事にむかってるはずの娘っ子
それぞれ傘を渡し、あるいは迎えに行って
家に送り込んでからもう一度買い物に。
今日の夕方見かけた彩りと言えば
秋色グラデーションな
桜の木の葉と
ねじねじと左巻きのねじ花の控え目な色と
写真にあるシロツメクサのお友だちのような花ぐらいかな。

そういえば、こんなことを今朝
通勤途中にDと話していました。
遠くの災害状況も
カメラが報道してくれたらみられるけど
すぐ近くの土砂災害や道路の事も
実はよっぽど自分で情報探しにいかなきゃ
入って来ないもんなんだな、ということ。
たとえば遠くの震災ボランティアではなく
近くの床上浸水なら
片付けお手伝いできるかな、と思っても
それが必要かどうか、かなり後にならないとわからない
これが今のこの地域の現実じゃないかな。

地域情報は行政が主に発信源になってくれているけど
そこに集められる情報もかなり限られるだろうなということ
だから地域住民も 意外に知らないまま過ぎていること
情報を広く集められるSNSはあるけど
情報自体が玉石混交で刹那的であるため
瞬時に集め整理し発信するには使いづらそうだということ
う~ん結局どうしたらいいんだろう
地域FMとか
もう少し日常的に広く地元のリアル情報に
ふれてもらえる方法
集められる方法
なんかないかなあ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中