伝統を紡ぐ。

今週後半から

今日のこの日をどうしようかと

かなり頭を悩ませました。

午前中は娘っこも練習に参加している

相楽駅伝

午後に月に一度の仕事

そして、管理人が持つ資格の

更新のために必要な

単位をもらえる学会参加。

それぞれただ行くだけではなく

駅伝には応援組のお子達に加え

オレもそんなに熱い駅伝なら、

見てみたい!

だけど農業塾もあるオレ(ToT)

とハムレットなDを

なんとか観戦参加させてあげる、とか

せっかく参加する学会

ちょっとでも何か新しい情報

ゲットしたい、とか。

それぞれなんとかやりくりできて

今、帰りの電車です。

最後のシンポジウムで

高齢者の糖尿病療養は

テーラーメイド、

合併症も体調も環境も

それぞれのストーリーを持った

患者さんに

マニュアルは役に立たないということ

確認するとともに

ではなんと声がけをして

どんなテーマを引き出すか

専門職としてのかかわりかた

今までもこれからも

常に考えていかねば、ということ

改めて感じています。

中之島から帰る道すがら

どうしても懐かしい店によって

一杯だけ

ホットウイスキー飲んであったまり

一年前の年賀状で知った

お世話になったかたの

訃報詳細をうかがったり

来年が100周年ときいて

すごい店だと感激したりできたので

ちょいワル寄り道の収穫大きいな。

更にようやく気になってたパン屋さんも

駅までの道すがら寄って

残ってたおっきなゴマのカンパーニュ

ゲットしてほくほく。

今日の駅伝のために

上の娘っ子達もつくってたミサンガ

下の娘っこも友達とコツコツ作って

なんとかまにあったようでした。

応援の旗やメッセージ

うちわなどなど

選手もそうでない子も

一緒になって応援する

そんな伝統を、

保護者としても

紡ぐことができてよかったなと

同じく選手ではないお子の

ママたちとも

今年も応援に行けたことに

喜びを感じています。

こういう喜びが

伝統を紡ぐことに

繋がってるのかもしれないですよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中