きっと宝物。

さんまの梅味噌サンド焼き、かぶの甘酢漬け、など。

今日は管理人
月に一度の小児科セッション。
今回も、お子に直接面会して
当面されている問題を解決されるため
相談する例が続きました。
前回からの継続のお子ともお会いして
挑戦を継続してくれていることとても嬉しくなりました。
初めましてのお子も
ちょっと管理人にびっくりしてたかなあ、
次回までどんなふうになっているか
心配でもあり、楽しみでもあり。
でもこの仕事を通じて改めて
心と体の成長期における
食のもたらす力の大きさを感じていますし
食に結びつく人、つまり家族や保護者の影響力にも
感じ入っています。
おそらく子にとっての教育者の立場の方の
食への造詣の深さや
食を受け止める姿勢、なんてことも
結局子たちの成長とその先にいたるまで
とても大切なのかもしれない。
管理人でも伝えられることがたくさんあるし
伝えたい相手もたくさんいるなあ。
子たちの育ちは、社会の宝物。
子たちが生きやすい社会をつくること
成熟した社会や大人の使命なんだ。
そんな思いを強く感じています。
そんなこんなで
しばらく水曜の上本町通いが続きます。

アトピー性皮膚炎のお勉強つきお弁当。ありがたし。

セッションの合間には
勉強会も開催いただいて
アトピー性皮膚炎について
最新の情報をわかりやすい解説にも触れ
大変勉強になりました。
以前このブログでもふれた
敬愛している町の小児科の先生が
12年前に
娘っ子の出産を通じて
あるいは町の講座でお話しされて
学ばせていただいたことの
理論的かつ医学的根拠を学べました。

さてここまで書いて今日のブログを終えようとしたときに
ひとり自分の部屋で寝るようになっている娘っ子が
階上から呼ぶので 話を聞いて
眠りにつくまでとん、とん、としてきました。
住宅地内を車の音が走りぬけたあと
夜の静寂(しじま)が戻ってくる様子と同じに
ひとしきり胸のつかえを離して気が済んだ娘っ子が
眉間をひろげて弛緩し
深い寝息をたてるのを聞き届けてきました。
こういう時間も、きっと宝物。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中