規範からの解放。

卵、サバの味噌煮缶、干ししいたけとにんじん、かぶの葉、春菊、生ハムと新漬けオリーブとレモン

今日は節分。
あ、節分って、
年に4回あるってご存知でした?
次の季節が始まる前の日、つまり
季節の最終日。てことは
今日は冬の大晦日。
その日にふさわしく、
朝から予約受診した小児科で
晴れて下の娘っ子SがインフルエンザBの診断。
生まれる時からお世話になっている
敬愛する小児科医の先生に
「先生、お久しぶりです」
とごあいさつしたのは言うまでもありません。
全く一年に一回だけお世話になっています。
折々に酢飯あおげば母浮かぶ haru

午後に楽しみにしていた
合唱団保護者の練習会
管理人が言いだしっぺだったのにもかかわらず
娘っ子についてなきゃ、てことで
参加できず涙でした。
でも、呼びかけに答えてくださり
卒団された先輩とその保護者さんや
現役の保護者の皆さんのご参加いただけて
嬉しい限りでした。
来月こそ参加したいなあ。

折々に母を思ひて寿飯炊く haru

夕方、そういえば節分、
巻きずしやん、てことで
しまったなあまた
買い出し不足だよ。
家にあるもので一期一会なフィリング
今年もトライ。
嬉しいのが、
子が小さいころから
ひーふーいいながら作ってきて
いつのまにかこんな感じで
以前ほど気負わずに作れるようになったこと。
行事食って
必ず作らなければ、という
暗黙のプレッシャーを感じてきましたが
寄る年波のもたらす恵み
亀の甲より年の功
あまりルールにとらわれずに
今日は何ができるかな、と
作れるまでに成長できました。

寿司と言えば母を
条件反射で思い出す管理人。
今日もすし飯仕込んでいたら
母の面影浮かびます。
思わず一句詠めたついでに
どんどん広がり強まる思い。

折々に 酢飯扇げば母浮かび
母を思ひてまた寿飯を炊く haru

あ。ここまで書いて気づきました。
気負いなく作れるようになったのは
見えない規範をもたらしてきた
母を見送ることができたから
なのかもしれない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中