感謝の時間。

思い出の品が収められている箱。

更新遅くなりました。
市電の終点駅から歩いて訪れた
姉の婚家のお母さまの病床。
お父様のお通夜葬の間
面会時間の限りお話したあとは
お姉さんが迎えにいらしてくださって
葬儀場で泊まらせていただきました。
夜伽のお供はおしゃべりと
お父様が大切に保管されていた
古い写真や思い出の品。
いったい誰が写っているのか
お姉さんたちがわからないものもあるなか
御一緒したお父様のご兄弟が
ああ、これはこの子の写真だ、などと
思い出を紐解いてくださる温かい時間でした。
式場にて。姉にもスライドショウで会えました。

義兄やお姉さんたちが
短い時間で、いろんな記録を集められ
会場で流されていたスライドショウ。
姉も映りこんでいたり
おそらく姉が撮影したであろう
孫とのかけがえのない時間を切り取った写真たち。
うかがえば、遺影として選ばれた写真も
姉が撮影したものにしてくださったとのこと。
みんなの思い出の中に
姉が生かさせてもらっていることに
感謝の涙があふれます。
そうだよいつも私が
このご一家と過ごして癒されるのは
姉と会えるからなんだよ。
朝陽に出会えるこの時過ごせて感謝。

就寝時刻は遅くなったけど
やはりほの明るくなるころに目が覚めて
お弁当や朝食作りの時間を
散歩にあてさせてもらいました。
新しくできた道とのこと
歩いたり走ったりして
広い空の表情追いかけられました。

おっさん二人みたいでしょ(+_+)

告別式も滞りなく終え
収骨と初七日までお参りして
ご馳走いただいて解散。
お弁当箱は
お土産に持ち帰ることにして
お姉さんご家族に駅まで送っていただいて
新幹線に乗ります。
兄家族とも会えてよかった。
今度はKくんも一緒に会いたいなあ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中