この夏の風景。

家主(あるじ)亡きを知るや仰ぐよさるすべり haru

「日曜なのに
ふたりとも出かけるの?」
とぽつり娘っ子に言わせてしまいましたが
Dは朝から 管理人は昼ごろから
それぞれ仕事と仕事関係の勉強会に。
夏休み最後の日だけど
許しておくれ娘っ子たち。

合宿のお供に来てくれた仲間たち。

京都駅前の専門学校の一室をお借りしての
訪問栄養指導事例検討会
京都府下各地で携わられている方々と
定期的に具体的事例を挙げて
自分ならどうかかわるか
何が必要かなど
意見を出し合い話し合う機会
やはり一人でいつもむきあうばかりでなく
このような時間が貴重だなと感じます。
いつも会を引率くださる大先輩の方々のおかげです。

まだ西日が強く射す京都線に揺られて
最寄駅に戻ると
だいぶ日が傾いて、ほっとしました。
干物でも焼いて簡単な夕飯をいただいて
明日に備えることにします。

写真は、この夏の一コマ。
ご近所のお一人暮らしのおじいちゃま
亡くなられて初めての夏でした。
お宅の前で揺られる百日紅の花に
一抹の寂しさを日々感じる夏でした。
もう一枚は、こないだ合宿のお供にと
仕込んだかわいこちゃんたち。
管理人が自分の目玉スリッパをはいて
颯爽と参加した頃には
娘っ子のスリッパの目玉は
すでに3つはがれていて
ボンドが少なかったかと
自分を大いに責めたものです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中