さよならじゃない。

思い出の曲たち。

精華町少年少女合唱団
今日は大切な一日となりました。
午後イチ集まって、
毎年恒例となりつつある
デイサービスを訪問しての交流演奏
娘っ子も司会を担当させてもらうようで
何日か前から家でも練習していました。
早口だと聞こえにくいよ
明るい声出せてるかな
なんて声掛けしつつ見守った今週。

そして、合唱団設立の旗振りをしてくださった方が
町の教育を司るお立場をご退任になられ
新任の先生にバトンタッチされることになったため
歓送迎会、として
卒団生や保護者有志も集まった日でもありました。

町に子供たちのうたごえを響かせたい
との思いを形にしてくださったおかげで
町内の校区も学年も異なるけど
歌うことでつながることができる場所が
産声を上げてから12年目の今年。
折に触れ
子たちを励まし続けていただけたおかげで
毎年生まれなおしながら
成長を続ける集団に
育っているように思います。
保護者としても子たちの成長や
眩しい先輩方の様子を目の当たりにしているだけに
感謝という言葉一言では現しきれない思いは
毎年深待っているように思います。
合唱団愛、帰依心
というような言葉になるのだろうかしら。

ということで保護者や卒団生の方たちで
今年前半練習した
「春に」を歌わせていただき
子たちの演奏「群青」にも
唱和をさせていただくことができました。
事前に集まって練習や準備をしてくださり
ありがとうございます。
管理人は月一回の仕事予約をいただいており
ドクターに事情を説明して
2件だけ、報告は後程、とさせていただき
2時45分に飛び出して駆けつけた次第。

後で、今日はharuちゃん泣いてなかった、
と指摘を受けたのですが
今日がさようなら、ではなく
新しいお立場で
これからも合唱団を応援くださる、とのお言葉に
寂しさより
またご一緒できる嬉しさや
楽しみな気持ちがこみ上げてきたから。

管理人は「群青」で
一か所間違えてうたってしまいました
おそらく地元を離れて歌われた歌なので
きっとまた会おう、
あの街で会おう とあるのですが
この街で会おう と歌ってしまったこと
この場でこっそり申告します。
きっとまたすぐに
お会いできること信じて。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中