学生さんたちとの時間。

米ぬかシャケ柔らか。

午後6時台

満員近鉄京都線の車中から投稿中。

今朝も七時台の電車に揺られて

京都市内へ。

この春初めてお手伝いさせていただいた、

府の栄養士会からのご依頼、

大学構内献血会場での栄養指導。

今回二回目。

前のこと覚えてるかしらとドキドキ。

ボリュームあるなあ天丼♪学食万歳

でも、

初めてご一緒に仕事させていただいた

今日のバディが

とても良いかたで

1日朗らかに過ごさせていただきました。

京都駅から直通バスで向かえる

由緒ある女子大学さん

その歴史を感じさせるたたずまいと

学生さんの素直なご様子に癒されました。

あ、お昼はもちろん学食で(^.^)

ゆったりしたキャンパスでした。

いいお天気で

午前は日があたるところは暑いくらい

午後からは風が出て来て冷えました。

最後のかたの指導を終えると、

日が暮れかかります。

車中は混んでいるし

エアコンで暑いくらいだけど

からだの芯は

家に帰って

お風呂で温めようと思います。

2件のコメント

  1. あらま、、まだまだ献血とか輸血とか正論って思っていらっしゃる方々が多数派なのね、、

    あ、、私エホバではないですよ(笑)
    無宗教です。
    けど、、ちょっと勉強すれば人間の身体に自分以外の血をぶち込む事がどれだけリスキーか、、わかるでしょ、、
    自分の血は他人の血と折り合う為に必死で自己免疫力低下させます。
    輸血でラッキーにも何とかなったとしても低下した免疫力で癌発生率がものすごい事になります。
    昭和天皇が死に際に輸血、輸血、輸血、と報道されました。
    あれは輸血が最悪の方向にいった為です。今は誰でも知っています。
    けど、、驚く事に現場の医師に輸血の知識(正論)を知らされていません。
    医師は何でも知識があると思うのは大いなる幻想です。

    正論はこの国では一般には「絶対に」広がらないです。

    なぜなら医療世界の莫大な「利権」がからむからね。
    もちろん医療世界だけじゃない、食品だって教育(狂育)だって、、

    知らない方が悩まなくて良いかも、、

    1. 上田賀代子さん、コメントありがとうございます。医学的知識に乏しい身ですので、献血の是非については何もお答えできずすみません。
      先日実家に一人帰って、玄関に入ると、両親の献血功労への表彰の盾がふたつならんでおいてありました。クリスチャンで仕事では薬品の開発に従事していた父、せめてじぶんにもできることを若いころから続けていたんだろうな、と思いやったところです。当方は献血での体調チェックをきっかけに、食生活のみなおしをうながす仕事をしてまいりました。若い頃に気づいて元気ですてきな社会人や学生時代を過ごしてくれれば、とおもいます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中