別れがこんなに辛いとは。

いつもの対岸、草原を歩いてつかまえた光。

例により寝坊した日曜日。
家族にトースト、ヨーグルト、リンゴ、
牛乳や豆乳などの飲み物で
簡単な朝食を用意したあと
イルクと歩きに出ると、
いつもの陸橋から降りたがらないわりには
ちょっと違うところ・・たとえばいつも通る川沿いの
対岸側を歩くなどすると
俄然ふんふんと鼻をうごかし
興味津々な様子で歩き回ります。

向こう岸にはりついて
風をよけ、体を丸めてる鴨を見つけたり
川に生えるすすきや葦が
北風を受けて鳴るのを聞いたりしていると
こんな詩と
海に囲まれる日本列島の姿が
胸に浮かんできます。

大陸からの風を受け

太平洋の光浴び

こんな小さな島国に

生きる命にみのりあれ

人も虫も鳥も細菌類も
いきもの 
息をしているもの
生きているものなんだなあ。

さて、お昼ご飯は
家族で約束してました。
押熊にある中華屋さん
東昇さんへ。

管理人家族が大変お世話になっているお店。
仲間のママが、1月いっぱいで閉店されると
教えてくれたのでした。

東昇さんの台湾ラーメン最高。

いつも朗らかなママさんと
厨房でひとり中華鍋をふるう大将さん
安いけどボリュームたっぷりなうえ
スープやスパイスが抜群なのです。
家族でお礼を言って
必ずまた会えるように祈りつつ
別れを惜しんだ次第。
絶品のひとつであるニラレバが
品切れだったので
なんとかして閉店期日までに
持ち帰りを画策しようと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中