恋生ず。~七十二候は梅子黄。

今朝の必死のお弁当おかず。

今日は市場の料理教室の仕事なんですが
どうも布団を離れられず
必至に弁当こしらえて
家を飛び出しました。
お守りの水分持たずに出ちゃったな。

赤みそでハッシュドビーフ、みそドレッシングのサラダ、みそ入りクッキーも。

栄養士を志す学科の学生さんが来てくれた回。
テーマはお味噌。
来週ももう一日出勤するのですが
今日は同じメニューの初日です。
嬉しい再会もありました。
栄養専門学校時代の同級生が
料理教室の仲間になって
仕事しに来てくれていると
聞いてたのですが
今日初めて一緒に仕事ができました。
大量調理実習や加工実習でも
一緒のチームだったよな彼女。
当時も高校出てすぐでもしっかりしていたけど
ママになって ご主人の転勤であちこちでの生活も経て
ますますしっかりと落ち着いた仕事ぶり。
すごいなあ。
また一緒に仕事できるのがこれから楽しみです。

洗車を待ってただけなのに。

汗だく、とはいえお風呂屋さんは今日はあきらめて
仕事帰りにディーラーさんにむかいました。
先日預けた我が家の老いた車
今日は部品を交換してもらって治ってるはず。
着いたら洗車の途中とのこと
しばし待たせてもらってました。

美しき夏の夕日。

小一時間待って、そろそろかと思うと
切ない報告が。
もともとの不具合は解消されたんだけど
警告ランプが一斉点灯しちゃったって・・・
困ったもんです。
心臓入れ替えても
神経伝達がうまくいってないって。

そしてイルクはシロツメクサを食む。

さて。七十二候そろそろ夏至だけど
今はなんという頃なのかしら
と紐解くと
二十四節気は芒種、末項に入っています。
梅の実が黄色く染まる頃、って確かに。
今日も散歩先で完熟梅に
イルクが飛びつかないように制したんでした。

ちなみに先日までの芒種次候は
腐草蛍為(ふそうほたるとなる)といったそうです。
初候はカマキリを見かける、蟷螂生(かまきりしょうず)
生きものも世代を交差させる、夏至の少し前。
切ない気持ちになるのはこのせいかしら。

恋生ず夏に至れる少し前 haru
何となく切なさ醸す芒種かな  haru

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中