食卓が世につながると同じよに。

下味ちょいと足りなかったし甘酢しょうが乗っけとこ鶏肩肉唐揚げ風オーブン焼きに。

七月スタート、
夜通し雨音が気になって
浅い眠りでした。
高校生は今日からテストやし
Dは出張やし
まあほんま毎日がモザイクパズルやね
変数とタスクかけあわせて
穴を埋める作業にひとしきり。
こんなこと
ママたちはみんなやってるんやで。すごくない?
家庭科は家庭経営の総合学で拡大すれば総合科学になるんだよと言うと娘っ子に専門家の先生と同じこと言うと笑われた

そういえば早めに帰られたので
明日の戦況を尋ねると
家庭科でこんなこともきかれるんやって。
アミノ酸バランスやら
卵は60g、きゅうりは一本100gやらも。
へえ、そう。そういうの覚えといたら
栄養士になったら役立つで~
まあ私は仕事始めてから覚えたけど。
え?PFCバランスまで?
ああそれなら暗記もののバックグラウンドに
おもしろいこと教えたげよ。
食事のバランスと、
人間の体組成バランスはとても親和性が高いんよ。
炭水化物は体に蓄積しないから
それを水と置き換えると
ほぼ同じ。
要は脂質は25%前後やし
たんぱく質(筋骨血液由来)は15%前後
栄養士の勉強してて
これに気づいたとき
ほんま食べることは生きることやし
You are what you eat なんやな
と思ったもんやわ。
ところでこうすればピーマン病み付きだね。一度ゆでこぼしてから塩昆布とソテー。

今夜のメニューで思いついたのが
我が家にあふれかえっている収穫物の処理法。
ピーマンの苦みはゆでこぼすと落ちるし
もう刻んでざっと湯がいて
にんじんも少し前に足してから湯切りして
そこにごま油足して煎り付けつつ
塩昆布加えたら
いつの間にか我が家のアイドルになれそうなくらい
#ピーマン食べれた
の大合唱。

まあ、政治学とは違うんやろうと思う
もうちょっと広い視野を持たんといかんのやろう
だけど、家庭を切りもりしていくうえで身につける
処世術、すり抜け術、流し術、おおらか術、
包容力、
瞬時の、かつ臨機応変な
問題解決能力、
応用力、
傾聴力
忍耐力
休養時間の確保力
以上に、
家庭という最小単位の団体を回し続ける力
これそのものがマネジメント力であり
コーチング力であり
先を見通す先見力でもあって
大きな国の選択にもの言える
唯一かつ最大個数のマネジメント単位かも。
だから、娘っ子よ
家庭科侮るべからずや。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中