ひとり参戦。

ご飯とおかず入れ間違えた

同じ学校から娘っ子だけ進学した高校。
先輩もここ数年おられなくて
知り合いがほぼいない管理人。
学祭、行くぞ、と息巻いたものの
他の家族もいけないし
どんなだろうか。
とりあえず家事と散歩済ませたら
到着はお昼前。

アプローチの空気感がいいんだよなこの学校。

ちょうどお昼の時間、
中庭のステージが盛り上がってるな。
学生たちは各々の所属するクラスやクラブのTシャツ着てるから
あ、あの子たちは娘っ子と同じクラスかな
でも話しかけたら娘っ子に叱られるかなあ。
おどおどひとりたたずむばかり。
お茶席もなぜか先生方とご一緒。

とはいえPTA役員させてもらってるおかげで
何人かお顔わかる方とご挨拶はできました。
保護者休憩室も用意されていますが
覗いてみても知り合いは見当たらず
う~むけっこう寂しいなあ。
これ頑張って作ってたんやな。

娘っ子のクラスの企画に
こわごわ参加したり
お茶席で先生方と並んでみたり
演劇部の舞台を見たりと
数時間過ごしながら
今までほんま恵まれていたんだよなあ
保育所時代からのお友だちがいて
小学校でも保護者仲間が増えて
みんなでいろいろ一緒にできた。
同級生でも転校してこられたお子や
その保護者さんは
本当に心細い思いをされていたんじゃないかな
とか
わが母が
管理人が幼いころからずっと
周囲の保護者とうまく付き合えてる様子を見たことがなくて
娘として不安だったけどそれ以上に
母は不安だったり寂しかったりしてただろうな
なんてこと考えていました。

お蕎麦と涼をいただいてほっとした。

雨も心配だし
蒸暑さに負けて
再び始まった屋外ステージを横目で見ながら
早めに帰路につき
途中ひとり腹ごしらえして帰りました。
ちょっと寂しいなあ。
でも、娘っ子が友だちと仲よく
クラス企画も頑張ってる様子を見られ
安心しました。
ようひとりで頑張ってるなあ。
どの子も、みんなそうなんだよな。
新しい学校
新しいクラス
新しいクラブ
みんな知らない人ばかり
そんな世界に飛び込んで半年経つんだな。
子たちのバイタリティってすごいなあ。
子が元気で頑張ってる
仲間と成長している。
そのことを見届ければ
もう、それで十分なんだよ。
たぶん母も
そう思ってくれてたのかもしれない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中