なつかれくさが生えるころ。

未だ投稿してなかった甥っ子Sくんの作品。

元号が変わって
祝日も変わって
今日は平日月曜日。
冬至も昨日でしたね。
乃東生(なつかれくさしょうず)

夏枯草、うつぼ草とも呼ばれる草は
古くから漢方薬としても用いられていると
初めて知りました。
最も日が短く
太陽とともにある生命が皆
不安を抱く頃に
やさしく癒してくれるという草が
希望の光のように芽吹くんだ
七十二候という節気を知って
最も感動を受けた言葉のひとつです。

今日は頑張ってみんなの弁当そろえたのに
なぜか写真を撮り損ねてしまったみたい。
おまけに管理人も
クリニックの仕事の後
地元に戻っての二件訪問予定の日で
移動中に食べるつもりだった弁当持ち出し忘れ。
どこかボタンかけちがえっぱなしのこの頃。
もちろん今年初めて開催された
13時半からの
保護者の中学校清掃になんて
14時まで仕事してたら
間に合うはずもないですし
お手伝いできずごめんなさい。
もう少しみんな参加しやすい日がいいなあ。

さて写真は
11月に受け取っていた
甥っ子Sくんからの結婚記念日お祝い。
曲順にもジャケットにも
こだわって作って送ってくれました。
時々大切に聞かせてもらっています。
受験生が貴重な時間削って生み出してくれた作品
お正月にちょっとだけでも逢えたらいいなあ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中