コレステロールと卵の関係を再度考える。

今日は外部模試だって慌ててざくっと弁当。

この週末は
自分に予定がない二日間
来週からのこと考えたら
めっちゃ貴重だな
ということでとりあえず
朝のタスク済ませたあと
だいぶのんびり。

全員甲羅干し?中のカモさんたち。

10時前になりさすがにイルクを散歩に連れて行かなけりゃ
と出かけると
Dが畑から帰ってきちゃって
ふたりして散歩に出ることに。
あったかいねえ、
春みたい。
カモさんも今日は一羽も泳いでないね、
と話しつつ上流へ向けて歩いてると
みんな日向ぼっこしてました。

午後の自由時間に
食事摂取基準と
栄養学データのバイブルつきあわせつつ
コレステロールと卵について自主勉。
ふむ。そうか。
今まで一個くらい食べていい、
と話してきてるけど
この春から運用される
食事摂取基準2020の脚注から考えると
卵一個220㎎のコレステロール含むし
脂質異常症で
コレステロール摂取制限患者さんには
やはり気をつけて話をしなけりゃ。

バイブルによると
コレステロール摂取制限は
心筋梗塞の発症への危険度合いによる
とのこと。

喫煙、高血圧、糖尿病など
他のリスクがあり
厳格なコレステロールコントロールが必要な場合は
一日一個未満とするほうが良いのかも。

ちなみに、養鶏団体が公表する統計では
日本は年間一人当たり消費量が330個前後と
メキシコに次ぐ第2位とのことですし
卵をよく食する文化は十分根ざしていることを考えると
一般の方には
「一日一個は食べましょう」、と言うよりは
「一日一個以上食べても大丈夫だけど、
一日一個未満といった制限を受けないでいいように、
野菜や海草、大豆製品、魚類は食べてるかな?」
と尋ねて、
もっととらなきゃ、といわれる食品を摂るよう
すすめることにします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中