お花と対話する時間。

うぇ~い間に合ったい。

昨夜遅めだったけど
今日は朝から用事があるし
頑張って起きる~。
弁当、朝食、洗濯もんと、
ざざっと掃除のルーティンを何とか終えて
9時半には京都市内に。

こぉーんなモニュメントや
こおーんな鯉や
こおーんな鳥さんがいるなんて。

娘っ子が通う高校のPTA
昨年管理人も所属した委員会の行事
今年は生け花体験、とのこと
申し込んでおりました。
いろいろ忙しくなったけど
こんな機会なくっちゃ
花切狭も花器も持ってないしな。
小さいころ 火曜の夕方は父が会社の生け花サークルで
生けた花を持ち帰り、家で必ず生け直してくれてたんだ。
見よう見まねで、何度もずぶずぶ剣山に刺して
上手く立たなかったなあ。
そういえば父の誕生日や命日が
もうすぐやってくるし
今日のこの生け花を
父へのプレゼントにしちゃおう。

花器と剣山はいただけるんです。

ということでやってきました池坊会館。
すごいなあ。生き物がいっぱい。
あら、六角堂が見える、て
もともとこのお寺の住職さんが
お花を生け続けられて華道を拓かれたんだったのか。
自分の無知に呆れます。

解説とお手本を見せていただいてから。

3人の先生のご指導で
参加者50人が一同に集います。
美しい花だけでなく
虫食いや枯れていく姿も
生きる姿として生ける
という解説にとても共感しましたし
コロナ禍の今だからこそ
植物の力をいただいて
花と対話しながら過ごす時間を持ってみては、
とのお話、すごく響きました。

できたっテーマは「秋の遠足」

同じ花材を使いながら
みんなそれぞれ思い思いの作品を仕上げ
先生に見てもらったり
写真を撮影したり。
作品を作り終えると不思議と心が軽くなり
となりの方とも話が弾むのです。

もうじきお誕生日と命日が順番に来る父に見てもらった。

本当はこの後再会できた方と
お茶でもできたらよかったのですが
仕事が入っていたので
さっき撮影できなかった
京都のへそ石を撮影しあって
またの再会を楽しみにお別れしました。

帰って早速生け直しましたよ。
父の写真から見えるところにしました。

と、ここまで記して、しまったな。

気づいてしまった。

これって、父へのプレゼントのつもりだったけど

父がプレゼントしてくれたのかもな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中