コロナ禍の実り。

コロナ禍で実るいのちを「いただきます 」haru

今朝イルクと散歩で
山田川の向こう岸を歩くコースをとると
黄金に実る稲穂が迫ります。
そろそろ稲刈りの準備
あちこちで見かけるなあ。
彼岸花も咲いていました。

酢で湿らせたボウルに炊き立てごはん、ごま、ゆかり少々混ぜ込み、おかかにしょうゆを握りこむ。

稲が花をつけ
香ってくる頃から考えていたことがあります。
人間にとってのコロナウィルスは
植物にとっては何か影響あるんだろうか。
少なくとも田植え作業では密を避けるため
今年は親戚に頼らずに家族でこなした、
なんて話を聞いたりもしましたが。

野菜やお米、といった
作物も、with Coronaの時に育まれ
収穫されて
私たちが食すことで
コロナ禍を生き抜く力を
与えてくれているはず。
そんなことを思って
大切にいただきたいなと思います。

海苔で包めば携帯食。おにぎりって完全食になる。

もう一つ。娘っ子の所属する
精華町少年少女合唱団
今日が今年度初舞台、
貴重な機会を京田辺市内の商業施設さんでいただきました。
発表時間がお昼時間にかかるため
軽食を、ということで
おにぎりを持たせることにしたのですが
改めて、これはすごい食べ物だなと。
ご飯には炭水化物はもちろん、
タンパク質も含まれるし
中に入れる具材で追加もできる。
海苔や昆布など
包材も追加すれば
食物繊維、ミネラル、ビタミンも満たされる。
そして携帯できるんですよね。
ほんますごい料理だと思います。

ブランチ松井山手さんで初舞台。ありがたい機会でした。

さて、おにぎりが功を奏したかはわかりませんが
本当に貴重な良い機会で
新入団員のかわいいお子たちも
楽しそうに歌ってくれてました。
コロナのために、中止になったことも多かったけど
コロナのおかげで、
こんな風に初めての今までにない場所で歌う機会をいただけて
より精華町少年少女合唱団の可能性が広がったんじゃないかな。
ご準備いただいた皆様に感謝しかありません。
ありがとうございます。

コロナ禍で実るいのちを「いただきます」haru
コロナ禍も新たに出会う歌ぢから haru

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中