共食を取り戻せ。

自分のはあとで追加した。肉じゃが→ハヤシライス→シーフード焼きそばのリメイクサイクルも一品に

今日は住んでる町でのお仕事でした。
婦人科集団検診と一緒に実施される骨密度測定。
片足のかかとで骨量を測定し、
年齢と体格に照らし合わせて評価するという
簡単な測定ではありますが
食事や運動、日光浴など骨密度に影響する生活リズムを見直す
いいきっかけにしていただけるものです。
ここに非常勤として登録している栄養士が
住民さんの健康増進支援事業に関わらせていただくのです。

葛ココアにホイップ。まったりできるよこれ。

ところが今年はコロナ感染拡大防止のため
残念ながら座って対面での指導はせず
結果説明と資料での情報提供のみ、
要精検となった方へは受診勧奨を行うことになり
長時間滞在を避けるために立位での関わりとなりました。
緊急事態宣言が発令されたので
検診の実施自体が危ぶまれる中
このような形でも実施される決断をされた
町の健康推進課さんの心意気と
いろいろな工夫に感心しつつ
仕事させていただいておりました。

絵画のような町シリーズ樹々と月。

来週まで実施されているので
あと何日か管理人も勤務させていただく予定で
地域で活動されている栄養士の先輩方と
わいわい言いながらお仕事させてもらえる
楽しみな一週間です。

絵画のような町シリーズ夕景。

さて。その中の一コマ。
お昼休み、
お弁当持参でみんな横並び、
黙々と食事を終え
マスクをしてからようやく会話。
早く食べてしまってマスクして話したい
喋りたいのに喋れない苦しさ
美味しさを感じられない哀しさ
みんなでこのコロナ苦を共感しあいました。
外食しても周囲の会話が気になって
楽しめなかったり
ゆっくり味わえずにそそくさと店を出たりで
外食のメリット半減してしまう、
なんてことも話しておりました。

小児科クリニックでの食事指導で
親御さんに一緒にお食事する様お伝えする際
「お子さんは雰囲気も食べているんです」
と話すことがあるのですが、
まさにそうだよな、と思うのです。
会話を楽しむ。
美味しさをシェアする。
ホッとできる時間。

子どもたちがいま、
学校での給食やお弁当時間に
このようなことをできずに生活していることも
決して忘れてはならないし

子たちの心身の育ちと学びのためにも

こんな時間は終わらせなければなりません。

なんとしてもコロナ禍を乗り越えなければならない
その為にも感染拡大を収束させなければならない
強い動機付けの一つ。

合言葉にしませんか。

共食を、取り戻せ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中