たった一つの家族旅~その②

今回お世話になった宿は

イルクも一緒に泊まれるところ、と

Dが見つけてくれました。

鳥取市内から車で30分ほどの山合いの宿。

昨夕暮れかけたころに

細い山道を通るスリルに

お腹がこそばゆくなりながら

ようやく到着すると

川を水が流れる音と満開の桜が迎えてくれ

もっと早く来ておけば、と後悔するほど。

二階の寝室も立って歩ける大きさで

イルクも家族も初めての場所のはずなのに

めっちゃくつろいで過ごさせてもらいました。

朝食は軽めにして

市内で行きたいコーヒーやさんに行ってみたいな

と思っていたんですが

二日目は雨で

余り思うようにはいきません。

またまた来ちゃった。今度は名前を冠した空港。
トリックアートが床一面に、など空港全体がテーマパーク。すごいぞ鳥取県。

ランチは砂丘そばのカフェ。

コロナ禍で減便しているせいか飛行機には会えなかったけど

遊びに来てもらえる仕掛けがいっぱいの空港を訪れ

滞在5分ほどでしたが訪れた砂丘では

強風に傘があおられながら

もさエビのクリームパスタはエビ丸ごともさもさといただき満足。

日本らしからぬ風景を眺めました。

コーヒー屋さんでのランチはあきらめたけど

選んだお店のパスタがおいしくて。

また必ず訪れたいから

今回はこれくらいにしとこ。

帰路もランチ後眠気が来てしまったDに代わり

大雨の中管理人ガチ走りしてナビの予想を20分ほど縮め帰着。

車中では家族ゲームが面白かったです。

少しずつ話を紡いで3周で完結するゲームとか

ヒット曲を歌える人が順に歌うカラオケ大会とか。

運転しながら昭和の名曲をフルコーラス間違わず歌い上げ

8歳頃の記憶力だけは自慢できることを確認できた管理人です。

それにしても、旅先で小さなお子達連れを見かけると

子たちの成長や家族の歴史に感じ入らずにいられません。

介護やお見舞いやといった目的のついでに旅をして

いつの間にか大きくなった子達と家族水入らずで

楽しむためだけ という旅の贅沢さにも気づかされ

少し胸が痛くなります。

あと何度家族旅行ができるかな 。

家族みんなにありがとう。またの機会を楽しみに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中