魂揺さぶる~ノマドランドを観て。

昨夜の豚竹煮物美味しかった。

止みかけた雨のにおいに

太平洋からの風を感じた

起き抜けの空に始まり

今日は何度となく空を見上げた一日でした。

昨日から最寄りショッピングモールの

専門店街の営業が再開されて

ようやく観にこれたぞ。

映画館も平日は営業と確認し

完全オフの今日観に行っちゃおかな

と目論んでおりました。

半年前に新聞の映画評を読んだ時から

これは観に行きたいなと思いながら

なかなか行けずで

そうこうしているうちに

アカデミー賞受賞のニュースも聞こえておりましたよね。

でも今日も午後から映画館にたどり着いてからも

観るのを逡巡しておりました。

時折覗く求人サイトを閲覧して

最近の仕事量の減り具合を

振り返らずにおられませんでしたから。

いやいや、でもせっかくやし見てみよう。と

思い切って鑑賞して、ほんまよかったです。

空が言う今ある場所ノマドランドharu

キャンピングカーで

季節労働をしながら

ひとり旅を続ける主人公に

20代の頃持った感覚を呼び覚まされ

あちこちで何度となくこみ上げました。

途中登場するお姉さんとの会話シーンや

時雨が冬の到来を告げ凍てつく大地

荒れ狂う大海原

あちこちでいろんな方法で

出会う人へ胸襟を開いて関わろうとする

そんな姿は自分を見ているよう。

その一方、

何度か安寧を得られる機会がありながら

選ばない主人公。

やっぱり自分で仕事して

自分で生きていく。

強いなあ。今の自分にはできない所業

それだけに主役の女性の強さにとても惹かれます。

あれこれ感情移入しすぎて

終わってみると

魂が揺さぶられっこ症候群。

外の風に早く当たりたくて

駅側のエスカレータを降り

線路沿いの道を歩きながら見上げた空が

とても広くて

自分の足音と耳にあたる風の音が

映画の続きの中にいるよう。

今置かれている場の安寧や幸せを感じるとともに

この時空間すら移り行くノマドランドなんだよな

なんてことを感じておりました。

忘れられない映画に、また一つ出会えました。

空が言う今ある場所ノマドランド haru

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中