食卓が、真ん中になる。

今日は豆腐ピザとか鶏むね酢っぱ煮とか

月イチ小児科クリニックは

予約しっかりいただいていて

今日もみっちり、時間オーバーも含め

お話伺って帰ってきました。

イルクは久しぶり長いことお留守番やったかな。

だいじょぶ?て顔してます。

試験前の娘っ子がひと足早く帰ってて

お散歩など済ませてくれてよかったです。

お子の食に関する課題を伺うたびに

大人ができること、すべきこと、について

とても考えさせられます。

何をどのように食べさせるか、(形状や硬さなど)

その結果どう食べたか、あるいは食べないか、

ということに注意がいきがちだし

普通に食べていれば見えてこないけれど

食べない、という形で

ようやく大小さまざまなSOSのサインを

発してくれているのかもしれない、

ということに気づかされます。

そして大人がしてあげる最も重要なことは

食べさせる、ことではなく

食べることが出来る環境を整えてあげること

地域や家庭、それぞれの居場所を結ぶ

セイフティネットワークを築いて

ひとりひとりのお子達が生き生きと過ごせる領域を

守り、広げてあげること

そのためには

大人が食の大切さを認識し

感謝の心をもって食に向き合うことが

大切なんだな、と思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中