ひと夏、長いか短いか。

今日もお弁当は二人分。

三人と一匹の朝。

みんな早起き頑張りました。

ホテル泊の娘っ子は

わりと眠れた、とのこと。

よかったよかった。

管理人が寂しがってること

行ってらっしゃい。

気にかけながら

今日は0限授業に間に合うように

上の娘っ子がでかけていきました。

ところで、

みんな送り出してから

仕事に出る前に、イルクと散歩に出て

「今年の夏は、長いなあ」

と我知らずつぶやいたたことについて

夕方の散歩までかけて

いろいろ考えておりました。

だって、そうじゃないですか。

今まで夏は、一瞬だったんですよ。

ちょっとしんどいな、とか

辛いな、とか、苦味のようなものに

気づかないで、もしくは目もくれず

ひたすらに走り抜ける季節だったじゃないですか。

なんでにこの夏は長く感じるんだろう。

梅雨入りが早かったから?

暑くなるのが早かったから?

明日も、元気でね。

体力低下してしんどいから?

長く感じた夏で覚えているのは

高校三年の夏と

20代の終わりに過ごしたあの夏かなあ。

そうか。やり場のない思いや不安や

行き場が決まらない夏だったな。

今も、そうなのかな。

ともかく、娘っ子の所属チームは

順当に勝ち進んだようだし

受験生も自分の時間を必死に過ごしている。

管理人はぽちぽちと仕事と家事を過ごして

次の季節を迎える準備をするしかないなあ。

それにしても、体力が低下しての夏は

きついもんよな。

子育てと仕事に忙しくして

夏の終わりに父を看取った10年前。

あの夏は父には長く感じただろうなあ。

否、それとも、星が瞬く一瞬と

父は感じていただろうかなあ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中