左利きのコーヒー。

三人で出かけたお昼。

思いのほか雨が長引いてる日曜。

肌寒くて長袖に着替えました。

来週末はもう10月ですもんね。

ゆっくり朝食のあと

娘っ子一人は出かけていきました。

今日は三人と一匹で過ごしています。

朝食でも眠気との闘いについて家族で共感しあいましたが

雨の日曜の午後はまさに睡魔の波がやる気を奪っていきます。

ミルも右利き用だね。

30分ほど娘っ子と昼寝の後

目を覚まそうと薬缶を沸かし

コーヒー豆を挽くことにしました。

寝ぼけている娘っ子に託したところ

ゴリゴリガリガリ、悪戦苦闘。

そのうちいったんやめてしまうもので、

あきらめんとやってみてよ、と管理人も回すのですが

なかなか終わりません。

ん?おかしいなあ。でもいい香りしてくるなあ。

蓋を開け、豆が全然落ちていっていないのを見て

ようやく反対回りに挽いていたことに気づきました。

そうだった。我が家はみんな左利き。

何も考えずに利き手で回すと反対になっちゃうんだよね。

でもおかげで、冷凍していた豆が

じっくり挽いてもらううちに

いい香りを醸してくれました。

ようやく口にしたコーヒーの美味しいこと。

娘っ子も目が覚めたのか

小難しい現代文を音読する元気が出たようです。

急がば回れ、よな。

2件のコメント

  1. 手挽きのミルなんて素敵な時間ですね。
    優しい時間というテレビドラマで寺尾聰扮するマスターが経営する喫茶店は頼まれたコーヒー豆を手挽きミルに入れてお客様に挽いてもらう演出をしていました。
    素敵だなと思いつつも横着者の私は電動ミルで挽いてしまいます。
    左手しか使えない妻はミシンと格闘しながら、左利き用のミシンを所望しています。

    1. パッチングワーカー様、いつも拙文お読み下さりありがとうございます。
      優しい時間、覚えてます。いいドラマでしたよね、今や有名な俳優さんたちが若い役で出てましたよね。主題歌も好きでした。
      そう。コーヒーの豆を挽くとか、紅茶のポットを温めるとか、プロセスに癒しがあるなといつも感じます。
      奥様、ミシンにご苦労されてることすごくわかります。多くの世の中の道具は右利き用にできているんですよね。左利き用のミシンがうまくあるとよいのですが・・
      どうぞ奥様にもパッチングワーカーさんにも優しい時間をお過ごしになられますように。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中