お出しの話とSDG’sな健康づくり

山芋と卵のサラダは梅干も入れてみたんや。

金曜クリニック勤務先で

掲示のやり替え取り組んでいて

月曜にやっつけで掲示したのを

差し替えしたりしてました。

テーマはSDGSな運動。

健康づくりにsustainable、

五日ぶりに晩酌できてました。

続けられるという要件は

大切だなと思っていて

食事療法についても

運動療法についても

薬物療法でも

続けられる内容、環境づくりを提案したいな

と思っています。

また掲示の内容が固まったら

このブログでも紹介させてください。

まだまだ更新試行錯誤中にて。

仕事後休憩室で看護師さんたちと

簡単にだけどお出しの活用方法や

メリットをご紹介したところ

いたく喜んでもらえたのも幸せの素でした。

小さな自分にできること。

これからも続けていきたいな。

ああ。こう書いていて今気づく。

sustainabilityって

喜び感じられることが大切ですよね。

*****

*だし:五味(塩味、甘味、苦味、酸味、旨味)

の一つであるうま味を料理に生かす手法であり道具。

代表的なうま味は、

昆布のグルタミン酸、

かつお節のイノシン酸

干しシイタケのグアニル酸

貝類のコハク酸などです。

不思議なことにこのうま味成分

二つを掛け合わせると飛躍的に増強されて

美味しさが増します。(うま味の相乗効果)

昆布・かつおだしはそれを生かしたものです。

我が家ではみそ汁に昆布を割って入れて

雑魚粉末を入れてお味噌汁を作ります。

顆粒のだしの素使うより

ナトリウムのみならず、

カルシウムはもちろん

鉄、亜鉛、マグネシウム、セレン、などなど

微量元素も摂れるので

同じ粉末ならおじゃこやカツオ削り粉使ってみてくださいね。

コメントを残す