小寒の夢想。

昨日テイクアウトのレバニラでおせちモード脱皮中

三人と一匹で迎えた朝は

Dの仕事初めでもあり

寝坊気味の管理人は

Dのお弁当も写真に撮ったんだけどなあ。

白みそ効かせた根菜ごろごろスープで

朝食仕込んで送り出しました。

イルクと二人ぼっちの一日が

戻って来たなあ。

今日は一日冷えましたね、

曇空に厚みが増して

きっとこれは雪になるな

なんて思ってたのですが

降らないのがこの地域

ゆっくりご挨拶もできた。

ちょぴっとだけ仕事して

娘っ子の受験手続に出かけたほかは

今も1時間近くラジコ聞きながら

バスソルト入りのお風呂に入って

最後の正月気分味わってました。

寒の入りにふさわしい一日。

こんな日でも気づきや思い付きがあって

夢想しながら過ごしておりました。

*給食センターの供給可能数と生徒数との差を

地域に分配できるといいな。

イルクも丸まる小寒の一日。

産後の母さんたち・高齢者の方たちは

中学生向けのたんぱく質豊富な食事と

親和性が高いしな。

自治会単位で購入できるシステム構築できたら

自治会組織率アップに貢献できないかしら

各団体や地域に

年に一回でも購入機会があったら

共食や安否確認機会と組み合わせられるかな

こんなアイデア実現できたら

あったかい町づくりのツールになるなあ。

皆の思いが形になり

給食が町のインフラになる日を

やっぱり楽しみにしています。

コメントを残す