他に象られる記憶。

ひとりだけおぜんざい、ほかは雑煮風。
とうとう入手したの。憧れのクルミっ子。

夜明け前5時半頃

紅茶を活けに出ると粉雪が舞って

誰も歩かないところは白くなっていた。

こういう瞬間のために生きている気がする。

大阪市内手袋持たず自転車こいで

信号待ちの目の前を横切るのは

押し車と杖を持った年長らしき女性が

ゆっくり、でも歩幅を抱えて

背を伸ばす姿。

ああ。美しいな。ほんまに。

人間は道具遣っても歩いて生を全うする

将来の夢は

この姿だ。

そんな思いで訪れ

また会う人に元気もらって

帰りにあこがれのブランドスイーツ

ようやく入手できて

ついでに梅田の地下街は

どんなに年月が経って

どんなに歩く自分が年をとっても

変わらない空気に出逢う瞬間があり

それをかたどるのは

多分あの時もこれからも

自分はのれんをくぐらいお店。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中