土の思い。

始まっている。農家さんに敬礼。

試験休みの娘っ子たちと朝食済ませ

イルクとゆっくり目の朝散歩に出ました。

いつもの遊歩道に出ると

眼下に、土を起こされた田が広がります。

長く続く寒さと乾燥で白くなっていた表土から

豊かなミネラルや無数の生き物を含んだ

柔らかな土壌に様変わりする

耕すという行為は本当に尊いなあ。

土が、やがて芽を出す種を待っている。

どうやってその子達が産声をあげるのに

自らの持ちものを投げ出せるかと考えながら

固唾をのんで見守っている。

さながらそれは

育ちゆく子たちを優しく見守る社会のようだ。

そんなことを感じた朝のひとときでした。

伸びゆく子たちに

厳しくも、必ず温かくあれますように。

コメントを残す