体の記憶。

あおさにわかめにもずくの味噌汁、伊勢うどんなど

一人ホテルって

こんなに眠れないものだったかな

でもスマホのradikoで

聞き慣れた番組耳にしながら眠れる

ラジオっていいなあ。

乗れたっ。

雨音聞きながら

夜明け前に少し深く眠れて

朝風呂で体覚まして

朝食でお腹喜ばせて

今日のミッションのあとは

乗り継ぎ駅行きのバス停に小走り

なんとか間に合って、

憧れのプレミアムシートに

身を沈められました。

カフェ車両なんて素敵ートンネル通過中

乗り換え時間短い上に

お昼もとばしちやったし

Free Wi-Fiは心配やし

お仕事は帰ってから

続きやることにして

列車の旅を堪能させてもらいました。

カフェ車両で揺れながらの食事してたら

不思議だなあ。蘇るもんですね。

すっかり忘れていた

食堂車の遠い昔の懐かしい思い出。

体の記憶。

胃腸の記憶というべきか。

香りや音、目にする風景と同じく

独特の振動とともに

消化管が自らの仕事をこなすことで

脳の奥底にしまい込まれた記録が

あぶり出されたような

不思議な時間を堪能できました。

コメントを残す